訪問着と合わせて身につけたい小物とは
2017.02.28

着物の帯祝賀の席で着られることが多いのが、訪問着です。帯や帯揚げ他様々な小物も、お祝いの式にふさわしい品を揃えていることが、イザという時のために必要でしょう。訪問着の格に必要な小物とは具体的にどんなものでしょうか。

■着物の格にふさわしい帯を選びましょう
帯には「袋帯」「名古屋帯」「半幅帯」「兵児帯」など様々な種類がありますが、礼装・準礼装の時に締めるのは「袋帯」となります。表側にだけ柄があり、裏側は無地や地模様となっていますが、幅は31cm以上、長さも4m20cm以上と他の帯に比べて大きく存在感があり、正装用の二重太鼓や振袖用の華やかな帯結びができます。訪問着は既婚・未婚関係無く着ることのできる着物ですから、既婚の場合は二重太鼓でも、未婚の時はふくら雀や文庫結びなど振袖と同じ帯結びで若さを強調しても素敵です。ただしその場合は、柄付けに注意しましょう。

帯の柄付けは「全通柄」「六通柄」「お太鼓柄」があります。「全通柄」は、帯の表側すべてに柄がありますが、現代ではあまり使われなくなりました。「六通柄」は、振袖などに一番多く使われる帯で、胴の一巻目が無地となっているため、柄も少ないことから価格も抑えられますし、重さも全通に比べて軽くなります。「お太鼓柄」は、六通柄に加えて「たれ」の部分の柄もなくなっているので、六通よりも更に値段がお安くなるのです。二重太鼓の場合は、この「お太鼓柄」で良いですが、前述のように振袖等の華やかな帯結びにするなら「六通柄」の袋帯を用意しておく必要があります。

■長襦袢は礼装用のものを準備します
半衿はもちろんですが、袖口などから見える長襦袢、実は意外の目立つものです。留袖などの礼装は白長襦袢が原則ですが、訪問着は準礼装なので、白だけでなく淡い色でもOKです。鮮やかな色の長襦袢は使うのを控えた方が良いでしょう。こちらは、お洒落用と思って下さい。

■扇子(末広)があると印象がランクアップです
お祝用の慶事用扇子も持っていると、きちんとした印象になります。夏の暑さしのぎのために使う扇子と違って、慶事用は少し小ぶりの黒や白の漆塗りの品です。左帯に差すと見た目だけでなく、心も引き締まります。この扇子は、留袖の時は必ず身に付けますが、訪問着の時には絶対に持っていなくてはいけない品ではありません。慌てて買うよりも、気に入った扇子が見つかった時に、購入しても良いでしょう。

■草履はフォーマルなタイプを
一昔前は革製品の草履は殺生ということで、祝儀の場にふさわしくないと言われ、佐賀錦などが好まれていました。最近は利便性が優先して、革の草履がフォーマル用としてクローズアップされています。革の場合でも蜥蜴などのお洒落感が強いものはNG、白を中心としたタイプがお薦めです。訪問着は少し裾を長めに着付けするので、草履は高めの台のものを選びましょう。

振袖の次に揃えるのが訪問着と言われています。重々しくなく、華やかなその装いに人気が集まり、現代のフォーマルウェアとして定着しているからでしょう。着物は小物次第で雰囲気が大きく変わりますから、長く着続けるためにも是非年齢に合わせた小物揃えをお薦めします。

▲ ページトップへ